マニュアル完成!あなたが100万円を得なければいけない理由とは

ビジネス

お読みいただいてありがとうございます。

アメブロサイトで予告していた
マニュアル完成しました。

中身気になりますか?副題はこんな感じ。

「真面目にやってきた個人事業者が
リスクなく最大100万円ゲットする方法」

・・ちょっと長いですねあせる
さ~て、なんでしょう??

100万円獲得できるマニュアルの内容とは

『持続化給付金』
コレ、ご存じですか?

一人10万円をもらえるやつは「特別定額給付金」です。
それとは違います。

持続化給付金を知っていますか

カンタンにいえばコロナ対策などでの
消費落ち込み等で苦戦している事業者に向けて

個人事業者 最大100万円(中小法人は最大200万円)

国として支援しようとするものです。

特筆すべきは用途自由ということ。

補助金の場合は用途以外には
使えないのが一般的です。

それだけ今回は国としての
「危機感が強い」ということだと思います。

お金を配る理由とは

もとは税金ですからね。

配るには理由があります。

国としてコロナウイルスに打ち勝つには
経済状態も元気でないと困るんです。

事業者がこれまで以上に富を生み出さないと
景気が大幅ダウンした状態から長い期間復活できない。

景気を引っ張るのは
決して大企業だけじゃないんです。

かつての低迷を繰り返さないため?

平成は「失われた30年」と
形容されることもありました。

バブル崩壊後
大きく経済が伸びる実感がなかったからです。

今回のコロナ被害が引き起こす経済的ダメージは
もっとすごいと認識されているのかも。

給付金をどう使う?事業者が考えるべきこと

事業をしている方は
支給条件を満たすなら

この制度でお金を手に入れて
必要なところに資金を回しましょう。

自分のビジネスを強固にするのでもいい。

リモートワークにピッタリの
ビジネスを始めるのでもいい。

使うことで富が拡大する

あなたが使えば誰かの助けになります。

資金が回転するたびに富が生まれ
豊かな状況に近づきます。

間違っても、タンスに
しまい込んではいけないのです。

「死に金」厳禁ですよ!

三方良し、四方良し

この精神をお忘れなく!

事業者に必要とされるバランス感覚

事業者は「商人」なのです。

目指す未来が
「ふわふわスピリチュアル」だとしても

地に足の付けたビジネスが
現実には必要です。

大事なのは
この「バランス感覚」だと思うんですよ。

魂の課題としてのビジネス

富を生み出すには実際、なかなかの覚悟が必要です。

現実面でも満足し、心の世界でも充実感を得る

こういう難しいことを
無意識に目指してきたのが
わたしたち事業者です。

魂存在としての成長に
これほど適した課題は
他にないんじゃないかな?

お互い頑張りましょうね!

 

この記事は参考になりますよ👇

なぜ仕事をするのか?☆スピ的に感じてみました♪
仕事って何のため?「お金のために」というのは確かにあるけれど。仕事って本来の自分に還るツールなんです。自分を覚醒させるためのもの。だから苦労もするし、多くの人も巻き込むことにもなるけれど。スピリチュアルって哲学ですよね。自分とつながることがよい導きに。

 

あとがき ※フロチャートはこちらから

そうそう、熱くなって忘れてました(^^ゞ
マニュアルの話でしたね。

中小企業庁の本家サイトも参考までに ⇒ 持続化給付金

 

「補助金?」
「手続きが面倒なんでしょ?」

そういう声が聞こえてきそうですが
MMC事務局としてノウハウ資料を
提供できることになりました。

なんとなく気になっていたけれど
調べていなかった・・という方は

まずフローチャート(A4/2枚)で
制度の概要を確認して下さい。

※個人事業者向けです

数分あれば
・支給の可能性があるか
・どんな特例があるか

イメージがつかめると思います。

 

LINEに登録して
フロー
とだけメッセージをお送り下さい!
※余計な文字を入れないでね

自動応答でフロチャートを
お届けします。

ぜひあなたにもご活用いただければ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
こちらでつながって下さい!
⇒ メルマガ・LINE登録ページ
・~・~・~・~・~・~・~・~・

補足:持続化給付金の不正申請で逮捕者が出ました(7/23報道)
偽りの確定申告をしたことにして申請したようです。

ペナルティを加算して返還するばかりか悪質なら刑事告発まであると
中小企業庁のマニュアルには書いてあります。

条件を満たさない場合にはまず救済措置の特例を検討して下さい。
それでもダメなら素直にあきらめましょうね。

 

今日も感謝で始めましょう!

タイトルとURLをコピーしました